« 妥当な判断と懲りない愚行 | トップページ | ごひやく都々逸 »

2018年7月18日 (水)

財務大臣と同じ輩がいた

annoyなんでこんなことを敢えてするのか。
どんな思考回路なのか。
こんな人を市民の多数は選んだのか?
財務大臣と同じ輩がいた
西日本豪雨で被災した岡山県笠岡市の市長が、市内の避難所を視察した際、簡易ベッドに横になってピースサインを出す写真を職員に撮らせ、自身のフェイスブックに掲載したそうです。
市は浸水被害などで死者は3人にのぼった。
市によると、市長は、避難所になっている公民館を視察。
自ら簡易ベッドを組み立ててあおむけになり、職員に写真を撮らせた。
10日、写真をFBに掲載し、「床が硬く、なかなか寝付けないとの意見が多かったので、簡易ベッドを設営しました。寝心地は良かった!」とのコメントをつけた。
市議会は、「被災した市のトップとして不適切」として謝罪を求めることを決めた。
市長は「市が用意した簡易ベッドの利用を促そうとの思いだったが、誤解を与えるようなことになり申し訳ない」と話した。
写真の削除は考えていないという。

悪意はないのかもしれませんが、ここは笑ってパフォーマンスするところではありません。
こういうのが「洒落にならない」と言うんです。
相手は、貴方が考えて(想定して)いたような反応にならないんです。
簡易ベッド使用促進の趣旨なら、ほかの妥当な方法やパターンがあるはずです。
それこそ、こういう時に人の心を慮らないといけないんです。
余計なことをしなくてもいいのに、こういう人は、すぐに目立とうとする習性があるんでしょうね。

« 妥当な判断と懲りない愚行 | トップページ | ごひやく都々逸 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事