« 透明コーラ | トップページ | 時事なぞかけ »

2018年6月13日 (水)

18歳で成人

appleずっと「大人になる=二十歳になる」でした。
成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が可決、成立。
2022年4月1日に施行。
「大人」の定義が変わるということです。
飲酒や喫煙は、健康への配慮から「20歳未満禁止」を維持。
施行されれば、成人年齢の変更は1876年(明治9年)以来146年ぶり。
少子高齢化の進展を踏まえ、若者の自立を促して、社会の活性化につなげる狙い。
民法改正に伴い、年齢ではなく「成年」「未成年」で区別を定めた約130の法律は、自動的に区別の基準が「18歳」に。
提訴などの司法手続きは、18歳から自分の意思で行える。
資格や免許などに関する法律も影響を受ける。
たとえば法施行後は18歳でも医師、公認会計士、司法書士などに就ける。
ただ、実際には大学卒業などの要件や試験ごとの制限もあり、影響は限定的とみられる。

・・・従来どおり20歳を維持する物と、18歳に引き下げられるものがあるので、少々まごつくかもしれません。 
  18歳で成人 
昔は、成人の儀式を「元服」と言ったそうです。
奈良時代以降の日本で成人を示すものとして行われた儀式。
「元」は首(=頭)、「服」は着用を表すので、「頭に冠をつける」という意味。
加冠とも初冠(ういこうぶり)とも言われる。
公家の女子の成人式は裳着(もぎ)と言う。
民間では、褌親(へこおや・ふんどしおや)の元で、初めてふんどしを付け、性に関する知識を授かる褌祝(ふんどしいわい)と呼ばれる儀式がある。
男の元服は、おおよそ数え年で12―16歳の男子が式において、氏神の社前で大人の服に改め、総角(角髪(みずら))と呼ばれる子供の髪型を改めて大人の髪(冠下の髻(かんむりしたのもとどり))を結い、冠親により冠をつける。

いずれにしても、一人前の人として、権利も義務も大きくなります。
「道具屋」の与太郎は、今二十歳。
来年は「はたちいち」、10年後は「いたち」になります。
・・・ということは、与太郎は、もう立派な大人なんですね。

« 透明コーラ | トップページ | 時事なぞかけ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事