« なぞかけと都々逸 | トップページ | ドン・キホーテ開店 »

2018年6月28日 (木)

またまたネットで批判

最近のネットの反応は、やや行き過ぎる部分もありますが、言われるほうも隙だらけというのも確かなようで・・・。
またまたネットで批判
プロアマでの態度の悪さを批判されたプロゴルファー。
協会の処分が決まり、やっと記者会見に臨み、頭を下げましたが・・・。
この模様の一部が報じられると、「こんな誠意のない謝罪の礼を初めて見た」といった批判が相次いだそうです。
頭を下げている写真の一部には、両手をだらりと下げ、頭だけをひょこっと前に倒している場面のものもあり、こうした批判を増幅した側面もあるようです。
・・・確かに。
これが、45歳にもなる大人が、心から陳謝しているお辞儀?
何で事前に、お辞儀の準備(想定)をしておかないんだろう?
グリーンの目を観るよりずっと簡単なことなのに。
今までのオヤジたちと同じ、いやその教訓が全く活かされていません。
このお辞儀は完全に「落第」でしょう。
尤も、本人の発言もおかしい。
色々言いたいこともあるでしょうが、今まで会見も開かず雲隠れしていたんだから、言い訳など言ったら炎上するに決まっています。
「僕も20年以上、プロのトーナメントに出ていますが、朝一のホールということもあって、(同伴アマチュアと)コミュニケーションが取れていなかった。すぐに(アドバイスなど)何かできるという状況ではなかった。たまたま、打つ時に(練習を)やってしまった。許される範囲の中では今までもやっていた。今回、やったことはいつもと変わらなかったと思います。(アマチュアが怒るようなことは)今までなかった」と説明した。
・・・という言い訳。
セクハラの言い訳みたいで、到底トッププロの発言ではない。
ひたすら頭を下げなくてはいけない時に、礼儀を欠くお辞儀と、説得力のない言い訳では、ネット上では許してもらえないでしょう。
あ、それから、普段からの不遜さも、批判のベースにあったと思います。
そもそも、処分自体が甘いと言う批判もあるようです。
本人もともかく、所属団体(日本ゴルフ機構)の対応も遅い気もします。
何かこう・・・、どこも他の団体の最近のしくじりを勉強していないで、同じような対応ばかりしている気がします。

« なぞかけと都々逸 | トップページ | ドン・キホーテ開店 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事