« 今日は「おにぎりの日」 | トップページ | 北とぴあ若手落語家競演会 »

2018年6月18日 (月)

ル・マン24時間レース

motorsportsフランス伝統の自動車耐久レース「ル・マン24時間レース」で、日本人がドライバーを務めるトヨタが1位と2位を独占。
トヨタは初優勝。
ル・マン24時間レース
世界3大レースの1つとされる「ル・マン24時間レース」は、フランス西部のル・マンにある1周13キロ余りのコースで3人のドライバーが交代しながら24時間走り続け、周回数を競います。
トヨタは中嶋一貴選手がドライバーを務める車が388回とトップの周回数でフィニッシュし、優勝しました。
また2位には、同じトヨタで小林可夢偉選手がドライバーを務める車がトップから2周差でフィニッシュし、トヨタが1位と2位を独占しました。
「ル・マン24時間レース」で日本メーカーの車が優勝するのは、1991年のマツダ以来2回目でトヨタは初優勝。
日本人ドライバーの優勝は2004年以来で、中嶋選手が3人目。
・・・内容はよく知りませんが、世界的に有名なレース、メカニックとドライバーが揃わないと勝てないレースですから、素晴らしいと思います。

« 今日は「おにぎりの日」 | トップページ | 北とぴあ若手落語家競演会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事