« 不漁・・・ | トップページ | 何やってんの? »

2018年6月 6日 (水)

同じ意見です

瀧口雅仁さんがツイートしていました。
例の、山手線新駅の名前のことで、きっと落語ファンが「芝浜」が良いなんて言っているんでしょう。

また、うるさいだなんだって言われそうだが、落語や諸演芸に関する間違った舞台を後世に伝えてはいけない!という意味でも、「芝浜」駅を採用すべきではない。
「高輪」駅でいいぢゃないか。
一歩譲って「芝浦」駅とか。

・・・私もそう思います。
山手線新駅の名称
確か、田町駅の北側の線路沿いに「本芝公園」というのがありましたよね。
同じ意見です
嘉永2年(1849年)に刊行された江戸切絵図の高輪絵図。
東西南北、と書かれた赤丸の右上に薩州とありますが、これは薩摩藩の蔵屋敷。
蔵屋敷は藩の物揚場、港湾関係者の宿舎を兼ねた屋敷のこと。
幕末、勝海舟と西郷隆盛の会合が行われた場所で、三菱自動車の前に「西郷南州勝海舟會見之地」の碑がある。
その薩摩藩蔵屋敷の下の方に沙濱、と書かれた場所がある。
ここが「芝浜」。
jj
現在の「本芝公園」の辺りが芝浜ということになる。
公園内には亭主の仕事場であった雑魚場跡を示す案内板もあり、ここが落語の「芝浜」の舞台だったことがわかる。
この付近は、芝の中でも昔から開けたところで、本来の芝という意味で、本芝と呼ばれていた。
江戸時代はこの辺りは砂浜が続いていた。
そして、江戸前といわれた魚が水揚げされていたところで、雑魚場(ざこば)と呼ばれていた。
落語「芝浜」に出てくる魚勝(勝五郎)は、この雑魚場に朝早く仕入れに来て、時間つぶしをしているうちに大金の入った財布を拾うことになる。
・・・ということで、それなら「田町」駅の名前を「芝浜」駅にしたらいいぐらいでしょう。

« 不漁・・・ | トップページ | 何やってんの? »

徒然」カテゴリの記事