« 若宮寄席 | トップページ | 百梅さん「紙入れ」 »

2018年6月 2日 (土)

夢学さん「桃太郎」

開口一番は、夢学さんの「桃太郎」。
出囃子も「桃太郎」で。
夢学さん「桃太郎」
最初は、我々演者も客席も、様子を探り合う感じになりますが、夢学さんの優しい語り口で、特に女性が多いので、柔らかい雰囲気になりました。
夢学さん「桃太郎」
夢学さんの「桃太郎」は、母親と娘の会話にアレンジされていて、非常に日常的な分かりやすくなっていると思います。
寝物語の噺で、子ども(娘)が寝ながら会話しますので、前屈みになって話しますが、稽古の時は普段着ですから問題ありませんが、着物を着て帯を締めて語ると、屈むのが大変です。
夢学さん「桃太郎」
自宅で、わざわざ着物を来て稽古して、しっかり対策を打って来たそうです。
柔らかい語り口で、丁寧に演じていますから、会場も頷きながら聴いてくれました。

« 若宮寄席 | トップページ | 百梅さん「紙入れ」 »

落語っ子連」カテゴリの記事