« 身体に悪い食品新発売? | トップページ | 東北絆まつり »

2018年6月 1日 (金)

高齢比率

マクロでは、高齢比率(人口に占める65歳以上の人の割合)は、27%を超えたと認識していました。
確か、前のオリンピックの頃、50年ぐらい前は1桁(数パーセント)だったと聞いたことがありましたので、高齢化のスピードに驚いたものでした。
昨日、静岡県が県内の自治体ごとの高齢比率を見て、さらに驚きました。
2018年4月1日時点の県内65歳以上人口は過去最多の107万197人で、総人口373万1078人に占める割合の高齢化率は28・7%。
前年から0・5ポイント上昇して過去最高を更新。
75歳以上の割合を示す後期高齢化率は14・3%。
こちらも前年を0・5ポイント上回り過去最高。
65歳以上人口は前年より1万4537人増え、県内の3・5人に1人が高齢者・・・。
75歳以上人口は53万4086人で、前年より1万4889人増。
100歳以上は4人増えて1954人。
ここ10年間の人口の伸び率を年代別にみると、65〜74歳は1・19倍、80〜89歳は1・41倍、90〜99歳は1・73倍、100歳以上は1・98倍。
県は今後も「高齢者の中の高齢化が進む」とみている。 

          高齢比率
市町別の高齢化率は全35市町で上昇。
48・7%の西伊豆町が4年連続で最も高く、21・8%の長泉町が7年連続で最低。
伊豆町は出生率が低く労働力人口の町外流出が原因。
長泉町は子育て世代の多さなどが背景にある。
川根本町の後期高齢化率は県内市町で初めて30%超。

・・・高齢化はさらに進みます。
私も、間もなく仲間入りします。

« 身体に悪い食品新発売? | トップページ | 東北絆まつり »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事