« 6月15日 | トップページ | ワンピース »

2018年6月15日 (金)

健康寿命

「健康であれば命は要らない」なんて言う人もいます。
「健康寿命」と言う言葉があります。
「日常生活に制限のない期間」のことで、最近では、平均寿命より関心をもっている方も多いようです。
東洋経済の記事を見つけました。
2016年の国全体の健康寿命は男性で72.14年、女性74.79年となっています(厚生労働省「第11回健康日本21(第二次)推進専門委員会」資料による)。
前回(2013年)と比べると男性が0.95年、女性が0.58年延びていました。
しかし、平均寿命との差、すなわち日常生活に制限のある「健康でない期間」は、男性で8.84年、女性で12.34年となっており、依然として長いままです。

都道府県別の健康寿命に着目した資料がありました。
   健康寿命
都道府県別にみると、愛知県と山梨県が男女とも健康寿命が特に長くなっています。
この2つの県をはじめとして、全般的に中部地方で男女とも健康寿命が全国よりも長い傾向があります。
一方、近畿地方は、男女とも健康寿命が全国よりも短い傾向があります。
都道府県差をみると、男性の健康寿命が最も長い山梨県と最も短い秋田県の差は2.00年、女性の健康寿命が最も長い愛知県と最も短い広島県の差は2.70年となっています。
健康寿命は平均寿命を延ばせば自動的に延びる、というものではないようです。
そのため、平均寿命や健康寿命を延ばすためには、それぞれについて対策が必要だと考えられます。

・・・山梨県は健康寿命が高いんですね。

« 6月15日 | トップページ | ワンピース »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事