« 本当に分かっていない! | トップページ | 「紺屋高尾」と「幾代餅」 »

2018年6月21日 (木)

三大「信用ならない言葉」

shock世の中には、「信用できない話・人」だけでなく、「信用ならない言葉」というのがあります。
要するに、文字から受け取れる意味と、実際の意味合いが異なる言葉のことです。
その「信用ならない言葉」で、あるサイトの投稿を見ました。
それによると、「三大信用ならない」言葉のうちの2つは・・、
 「一生に一度のお願い」
 「絶対に怒らないから正直に話しなさい」   
なんだそうです。
うんうん、確かにどちらも文字通りに受け取れません。
一度どころか二度目、三度目、さらに何度もお願いがある。
また、本当に正直に話せば相手が怒ることは、もう当たり前。
それでは、残るもう1つは何か?
他のネットユーザーからは、色々な候補が出ているようです。
私も「なるほど」と思うものを挙げてみました。
 「貴方だから言いますが」
 「ここだけの話」
 「お前の事を思って言ってるんだ」
 「明日から本気出す」
 「俺が責任取る」
 「後で埋め合わせする」
 「私は口が堅い」

・・・しかし、もっと信用ならない言葉が、最近ありました。
 「信じてもらえないかもしれませんが・・・」
 「コミュニケーションが不足していました」
 「認識の乖離がありました」

hhhh
hhhh
これらは、「アラ還恥さらし四天王」に関わる言葉ですが、"こいつら"の面を見るだけでも無性に腹が立って来ます。

« 本当に分かっていない! | トップページ | 「紺屋高尾」と「幾代餅」 »

巷談」カテゴリの記事