« 有難亭公開稽古グラフィティ | トップページ | 蝶九さんに »

2018年5月 5日 (土)

公開稽古点描

昨日の有難亭の公開稽古は、入口をオープンにして、小野川沿いの古い街並を散策する観光客を呼び込んでいます。
公開稽古点描
落語を聴くのを目的にしている訳ではありませんから、回転も早く、1席通して聴いてもらえれば御の席字という部分もあります。
公開稽古点描
しかし、中には、3席聴いてくれたり、ジョギングの休憩時間に充ててくれたり、じっと正座して聴いてくれたり、ありがたいお客さまもいらっしゃいます。
公開稽古点描
お客さまが途絶えて、誰もいなくなると、"身内"が聴いたり。
やや慌ただしい雰囲気もありますが、観光地らしいとも言えるでしょう。
公開稽古点描
梅朝さんの教え子が、母親の実家が佐原で、ゴールデンウィークで来ていて、「先生!」なんて言って訪ねて来てくれたり。

« 有難亭公開稽古グラフィティ | トップページ | 蝶九さんに »

落語っ子連」カテゴリの記事