« 広瀬さんの林家たい平評 | トップページ | 明日は「お江戸あおば亭」 »

2018年5月25日 (金)

向かいの家に囲いが出来たね

向かいの家に囲いが出来たね先日の「柳家小三治独演会」。
長い長いマクラの中で、小三治師匠が"落語論"に触れた部分がありました。
「向かいの家に囲いが出来たね」「へぇ」という小噺。
この小噺はみんな知ってますから、どこでやっても受けたためしがありません。
そんなことはどうでも良いのです。
小三治師匠はこんなニュアンスを仰いました。
この小噺を漫然と台詞だけ喋るのは落語じゃない。
他愛もない会話の中に、とても多くの要素が含まれている。
向かいの家はどんな家?

路地の広さはどれぐらい?
どんな囲いが出来た?
天気はどんな?
会話をしているのはどんな人?   ・・・・等々
こういう多くのファクターをしっかり自分で掴んでやるのが落語だ。
・・そんなふうに仰っていた気がします。
たかが小噺と侮ってはいけないという戒めだと思いました。
舞台設定、感情移入がしっかりしていないと、たとえ一言でも、それは落語ではない。
また、普段こんなことも仰っています。
落語というのはセリフをしゃべっているのでなくて、その人、その人の気持ちに瞬間、瞬間なっていく。
セリフは気持ちの現れですから、セリフから気持ちが入っていくんじゃなくて、気持ちからセリフが出てくるもんだと、わたしは思っています。

表現こそ違いますが、いつも圓窓師匠から言われていることと全く同じでした。
そう、だからその度に違う、生きているものなんですね。
小三治師匠の名言をいくつか並べてみました。
・(落語の魅力は)生きているうれしさや悲しさを知ってもらうこと。
・一口に『笑い』って言いますけど、私は、笑いは落語の場合には
 付きものではあるけれど必須や義務ではないと思ってます。
 結果的に笑っちゃうものはいいんですけど笑わせることはしたく
 ないですね。
 私が楽しんではなしていると、それに乗ってきて笑うお客さんとは
 時を同じくもつ者どうしの『同志』です。
・笑わせるもんじゃない。つい笑ってしまうもの。
 これが芸だと思うんですね。
・(弟子への稽古の時)お前は“どうしたら流暢に聞こえるだろう?”
 とか、そんなことを考えているようなキレイな言葉ばかり喋って
 いて、気持ちがそこに流れていない。
・芸には人間性がそのまま出る。
 芸の勝負はつまるところ人間性の勝負だと思う。

・・・深い。

« 広瀬さんの林家たい平評 | トップページ | 明日は「お江戸あおば亭」 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213007/66756979

この記事へのトラックバック一覧です: 向かいの家に囲いが出来たね:

« 広瀬さんの林家たい平評 | トップページ | 明日は「お江戸あおば亭」 »