« 第4回謝楽祭 | トップページ | 天使たち »

2018年5月24日 (木)

またもや敵前逃亡?

annoyこの話題は、聞いていて腹が立つだけですから、もうこれでお終いにします。
昨夜、急きょ開かれた日大による記者会見は約2時間にわたり、終盤は説明に納得しない報道陣と司会の日大広報部側と押し問答となったようです。
前日、悪質なタックルをした日大の選手が語った反則に至った経緯を、日大が前監督らの指示を文書で否定。
真相が分からなくなり、学生を守るべき立場の教育機関の姿勢が問われた日大への風当たりが強くなった状況で会見が設定されたもの。
司会を務めた日大広報部の担当者が会見の開始から約1時間半後に打ち切ろうとすると報道陣は「まだ質問がある」と続行。
記者から「この対応で日大ブランドが落ちます」との声が飛ぶと、司会者が「落ちません」と切り返す場面も。
「ツイッター」などには、曖昧な回答などに批判があふれた。

・・そして、日大関係者によると、極悪のアメフット部の監督は、記者会見後に「心労」と「不眠」で入院することになったそうです。
「心労」と「不眠」ですって?
またまた「敵前逃亡」です。
まぁ、あれだけ嘘の上塗りや、常識ハズレを言えば、周りからの糾弾も激しいでしょうが、私たちは、監督がそれらを乗り越えて這い上がって来るのを期待していたんですが、入院するような状態に追い込んでいたとすれば、それが分からなかったのは反省しなくてはいけません。
実に、ブラックジョークです。
ところで、騒動の余波は広がり、読売巨人軍は、試合後のヒーローインタビューなどの背景に用いるボードや公式ホームページ等から、球団公式スポンサーの日大に関する広告を外したそうです。
さぁ、ブランド力と信頼を失った日大は・・・、第2の雪印になるかもしれません。
ダイヤモンドに、こんな文がありました。
「アメフト事件で日大の危機対応がまったくダメな3つの理由」
https://diamond.jp/articles/-/170780?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor
・・・(独り言)そう言えば、我が社にも、日大OBやOGが随分いたなぁぁ。

« 第4回謝楽祭 | トップページ | 天使たち »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事