« 春風亭正太郎さんの記事 | トップページ | あれは? »

2018年5月22日 (火)

記者会見

think周囲(大学や部)の邪悪な大人たちの手の内から、勇気を持って脱出して、世間からの批判も覚悟の上で自分の意思で会見に臨んだ日大のアメフト選手の勇気を称えたいと思います。
とても立派だったと思います。
やったことは罪深いことでしたが、罪は罪として償い、彼には心機一転頑張ってもらいたいと思いました。 。
・・大学や監督やコーチたちは何なんでしょうか?
こんな若い学生一人にすら、何もしてあげていないどころか、自分たちの保身のために逃げ回っている。
人の道を知らない、危機管理能力のない大人たちの無様さと、学生の潔さのコントラストが物凄い。
法的に言えば、学生も監督とコーチも傷害罪で立件され、当然、学生には情状があり、片や監督コーチは共同正犯という判断が下り、重く罰するべきでしょう。
どうせまた「私はそんなつもりではない」とか、どこかの官僚と同じように、不遜な詭弁を弄することでしょう。
今後、この悪人どもから学生を守り、さらに将来を担保してあげることが大切だと思います。
会見の最後に、選手の両親のコメントが代読されたそうです。
「どうか皆さまには、将来に向かって歩もうとしている本人の今後を静かに見守ってくださるよう心からお願い申し上げます」。
・・・そう、静かに見守り、応援してあげましょう。

« 春風亭正太郎さんの記事 | トップページ | あれは? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事