« 牛久亭学津さん「道灌」 | トップページ | 5月の三越劇場 »

2018年4月 2日 (月)

百梅さん「紙入れ」

百梅さんの「紙入れ」も、だんだん"らしさ"が出て来ました。
百梅さん「紙入れ」
まだ、台詞と仕草が上手くマッチングしていない部分があります。
これは、今の段階では仕方のない部分ではありますが、仕草というのは、言葉に伴って自然に出るものもありますから、あまり杓子定規に、どの台詞でどうするとか、決めつけないことだと、稽古が終わってから、トイレで並んで立った時にアドバイスしました。
百梅さん「紙入れ」
勿論、ポイントになる仕草は外せませんが、煙草を吸う仕草は、その時の会話の雰囲気で自然にやるのが良いと思います。
それにしても、なかなか面白い噺になって来ました。

« 牛久亭学津さん「道灌」 | トップページ | 5月の三越劇場 »

落語っ子連」カテゴリの記事