« 牛久亭学津さん「道灌」 | トップページ | 新参さん「動物園」 »

2018年4月29日 (日)

蝶九さん「来ぬ人を」

蝶九さんは、昨夕は「天祖亭」の稽古会で2席稽古して、連日の稽古です。
師匠からは、上達を褒められていて、「道灌」と「転失気」は、比較的短期間であげていただいたそうです。
蝶九さん「来ぬ人を」
次は、師匠の創作「来ぬ人を 」 。
百人一首の藤原定家の「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」を扱った噺です。
師匠柄にも仰る通り、本人の真面目で精力的な取り組みのではないかと成果が表れて、落語になって来ました。
元々、文学に造詣が深いので、読み方や捉え方がしっかりしているので、もっと上手くなると思います。

« 牛久亭学津さん「道灌」 | トップページ | 新参さん「動物園」 »

落語っ子連」カテゴリの記事