« 有難亭公開稽古の紹介 | トップページ | 長生きのために »

2018年3月16日 (金)

ハンドドライヤー

toiletよく見かけるのに、正式な名称を知らない物っていうのがあるものです。
この、トイレで洗った手を乾かす機械ですが、そのまんま「ハンドドライヤー」と言うそうです。
ハンドドライヤー
paper手を風で乾かすための乾燥機で、「タオルペーパー」に対して「エアータオル」とも称されるそうです。
大阪オフィスのトイレに、ハンドドライヤーが設置されました。
今までは、「布ロールタオル」が設置されていました。
最近、駅のトイレにも多くの場所で設置されるようになりましたが、個人的には好きになれません。
まず、音がやたらと大きいこと。
手を入れても、すぐに気持ちよく乾かないこと。
乾燥するのに、そこそこ時間がかかります。
ですから、ほとんど使うことはありません。
乾燥と殺菌を、原始的な熱風ではなくて、もっと音の出ない、スマートなもので出来ませんかねぇ。
sprinkle雨傘の水滴を取るのと同じような形ですから。
ちなみに、これは「傘のしずく取り」というそのままの名前だったり、「レインカット」なんて言われているようです。

« 有難亭公開稽古の紹介 | トップページ | 長生きのために »

徒然」カテゴリの記事