« 有難亭の公開稽古 | トップページ | 明日は東京落語会 »

2018年3月15日 (木)

モラルの問題?

cameratrain「撮り鉄」がみんなレベルの低く非常識な輩ではない?
【大井川鐵道にて常識知らない悲しい爺さん】
モラルの問題?
大井川鉄道の大井川本線で、列車の写真撮影を趣味とする、いゆゆる「撮り鉄」が、線路沿いの茶畑の茶の木の中にカメラの三脚を立てていたとして、他の撮り鉄がフェイスブックに証拠となる写真を投稿。
他のネットユーザーにも拡散して反響を呼んでいるそうです。
「あんなことをされて、地元の人に目を付けられ立ち入り禁止にされたら、撮る場所がますます減ってしまう」
「農道からでもまともな写真を撮れるのに」
「こっちは地元の農家の方ともコミニケーションを取り、暗黙の了解で撮らせてもらっているのに」
「他の人も撮影場所が減ることに腹を立てていると思う」「茶畑に三脚を入れて、何も感じないのかね? 茶畑に入らなくても、センスと腕があれば、農道からでもまともな写真を撮れるのに」

大井川鉄道の沿線では過去にも、こうした撮り鉄による迷惑行為が発生。
「路上を不法に占拠する事案がありました」
「一部の心無い方々の行為が本当に残念です」
「写真を撮りに来るな、とは言いません。ただ、周りの方に迷惑をかけてほしくないのです」
「大井川鉄道の沿線に住んでいる方は少ないので、よそからの『交流人口』を増やすしかありません。SLを目当てに来られる鉄道ファンの方が、お金を落としてくれることで、地域に経済効果をもたらす。立派な地域貢献活動なのです」
「鉄道ファンの方が100人いるとすれば、迷惑行為を働くのは2、3人くらいに過ぎません。それでも結果的に地域住民の方に迷惑をかけており、私たちは非常に不本意です。ごく少数の軽々しい行為が多くの方に迷惑をかけています」
「10回撮りに来るのであれば、1回くらい乗ってほしいです。列車に乗らなければ、あるいは駅の構内に入らなければ撮れない写真もあるのではないですか」
・・・「撮り鉄」に限らず、私有地や田畑や山林などに勝手に入り込んで、盗菜、盗掘したり、荒らしたり、生活の邪魔をしたりする輩の多いこと。
以前、実家の庭の桜の木の下の道路上にゴザを敷いて、花見をしていたやつらがいました。
心身ともに貧乏な輩の多いこと。
不法侵入、窃盗、器物損壊・・・で、厳しく取り締まるしかないのかもしれません。

« 有難亭の公開稽古 | トップページ | 明日は東京落語会 »

巷談」カテゴリの記事