« 全国分布 | トップページ | 身延線前線開通90周年 »

2018年3月29日 (木)

初めて知りました

私の愛車。
まもなく9年、10万キロになるところです。
人間に例えたら、後期高齢者になるのではないかと思います。
愛車帰宅
ところが、いたって元気で、今まで、病気らしい病気などしたことがありません。
タイヤやバッテリー、ワイパーや電球やオイル類は交換していますが、その他は元気です。
先日、ディーラーの担当者と雑談していた時に、今まで不思議に思っていたことが判明しました。
というのも、夏の暑い時期、ドアロックを解除して車内に入ると、換気装置が作動しているんです。
まだイグニッションキーを入れる前なのに・・・。
ところが、わが愛車には、「車内自動換気システム」が搭載されているようなんです。
このシステム、気温が上昇する春から夏にかけては、製造した時に使われた化学物質が車内に充満しやすくなるそうなんです。
こういう化学物質は、ドライバーなどの体調に悪影響を及ぼす「シックカー症候群」に繋がる恐れがあるそうです。
そこで、愛車に搭載されているシステムは、外気温が10℃以上の日に、リモコンキーで開錠すると、自動的に換気装置が最長1分間作動するようになっているそうなんです。
そして、このシステムは「シックカー症候群」の発生率が十分に低くなる約4年後に、自動的に解除されるようになっている・・・。
全然知りませんでした。
えっ?もう、そんなのは常識ですか?
そうですよね。
10年も経つ車なんですから。

« 全国分布 | トップページ | 身延線前線開通90周年 »

徒然」カテゴリの記事