« 「お江戸あおば亭」の演目 | トップページ | ごひやく都々逸(3/3) »

2018年3月 3日 (土)

雛祭りの蘊蓄

今日は「上巳(じょうし)の節句」。
雛祭りです。
雛祭りの蘊蓄
上巳の節句は江戸幕府が公式行事と定めた「五節句」の一つ。
節句の「節」とは、中国の暦法で気候の変わり目の祝日のこと。

中国では「奇数(陽)が重なると陰(厄日)になる」とされ、3月3日や5月5日など、月と日の数字が奇数で重なる日に旬の物を食べて邪気を払いました。
これが日本へと伝わり独自の進化を遂げていきます。
中国では川に入って
禊(みそぎ)をしましたが、日本では人形[形代(かたしろ)]で体を撫でて穢れを移し、川や海へ流しました。
「流し雛」はこの名残りです。
このような禊の行事に、上流階級の女の子達の人形遊びである「ひいな遊び」が時代を経て融合していき、現在のようにお雛様を飾るスタイルとなりました。
このような形になったのは元禄時代といわれています。

雛祭りの蘊蓄
雛祭りが盛んになると、雛人形や調度品を売る「雛市(ひないち)」が立つようになり、中でも「十軒店(現在の室町3丁目)」の雛市は有名でした。
また、上巳の節句はちょうど大潮の頃に当たり、江戸時代には潮干狩などの磯遊びも盛んに行われました。
これは水辺で禊をする名残ともいわれています。

・・・だそうです。

« 「お江戸あおば亭」の演目 | トップページ | ごひやく都々逸(3/3) »

季節・散歩」カテゴリの記事