« バカみたい | トップページ | 初金メダル »

2018年3月14日 (水)

オフィス街の一角に

大阪のオフィスから地下鉄淀屋橋駅に向かう途中、古い木造の建物があります。
オフィス街の一角に
ここは「銅座」だったところだそうです。
江戸時代、銅はわが国の重要な輸出品。
銅座(明和3(1776)年設置)の役割は、銅山からの荒銅を買上げ、当時大坂で技術を競っていた銅吹仲間に精練させ、それを集荷して海路長崎へ回送するものでした。
また銅の密売を防ぐため古銅類買上げの精細な規定がつくられ、銅器の破片に至るまで銅座が管理した。
オフィス街の一角に
今は、幼稚園になっています。
市内現存する最古の幼稚園で、この"園舎"は明治34年竣工のものだそうです。

« バカみたい | トップページ | 初金メダル »

徒然」カテゴリの記事