« 城藤寄席 | トップページ | バレンタインデー »

2018年2月14日 (水)

明治150年

明治150年今年は「明治150年」になるそうです。
政府(内閣官房)では、こんなことを言っています。
(今年は)明治元年(1868年)から満150年の年に当たります。
明治以降、近代国民国家への第一歩を踏み出した日本は、明治期において多岐にわたる近代化への取組を行い、国の基本的な形を築き上げていきました。
内閣制度の導入、大日本帝国憲法の制定、立憲政治・議会政治の導入、鉄道の開業や郵便制度の施行など技術革新と産業化の推進、義務教育の導入や女子師範学校の設立といった教育の充実を始めとして、多くの取組が進められました。
また、若者や女性等が海外に留学して知識を吸収し、外国人から学んだ知識を活かしつつ、単なる西洋の真似ではない、日本の良さや伝統を活かした技術や文化も生み出されました。
政府では、「明治150年」を迎える平成30年(2018年)を節目として、改めて明治期を振り返り、将来につなげていくために、地方公共団体や民間企業とも一緒になって様々な取組をしています。

・・・だそうです。
何となく、政府の宣伝のような部分も感じますが、明治維新から150年と言うのは、ひとつの節目ではありますね。
そう言えば、幼い頃に、「明治100年」なんて言って、賑やかにしていたことを薄々思い出します。
明治150年
昨日、会社の同僚と行った、いつも行く飲み屋さんの壁にも、ポスターが貼ってありました。
このあたりは、霞ヶ関の官庁街も近いので、関係者に頼まれて貼ったのかもしれません。
極端に礼賛したり批判したりするのではなく、「温故知新」、将来の幸せのために、これまでを顧みることは大事だとは思います。
落語(古典)にも、江戸時代だけでなく、明治も多く出て来ますから。

« 城藤寄席 | トップページ | バレンタインデー »

徒然」カテゴリの記事