« 夢学さん | トップページ | 越児さん »

2018年2月 3日 (土)

百梅さん

番組は、開口一番、中入り前、食いつき、膝代わり、主任などの役割で進みます。
今回、公民館からいただいたテーマが「節分」でしたから、主任の越児さんの「鬼の涙」がぴったりフィットするんですが、百梅さんの「桃太郎」も、越児さんのご指名で、この位置に入れました。

後のトリも素晴らしい、他のメンバーの出来も素晴らしい中で、今回一番光っていたのが百梅さんだと言うのが、全員の一致した意見でした。
百梅さんも、久しぶりにやるネタでしたが、その間に演じた噺や実際の(人生)経験が、知らないうちに力となって、本人も気づかない素晴らしく熟成された噺になっていました。
これが、落語の稽古をすること、練り上げることの素晴らしさだと思います。
本人も、驚くと同時に、快感と大きな自信になったと思います。
基本を守って続けて行くこと。
我が連には、こういう人がいて、こういう人を評価してくれる仲間がいます。

« 夢学さん | トップページ | 越児さん »

落語っ子連」カテゴリの記事