« 夢学さん「時蕎麦」 | トップページ | 流三「長短」 »

2018年2月12日 (月)

千公さん「粗忽長屋」

千公さんは、蕎麦を打ち、酒をこよなく愛し、落語をちょっぴり愛してくれているようです。
師匠から常々言われている「江戸弁」へのチャレンジですよ。
人前で喋ること、定型的な語りは、職業柄得意のはずですから、コツさえ掴めたら、「江戸弁」もマスター出来ますよ。
千公さん「粗忽長屋」
写真は、師匠から言われたことを、高座本にしっかりとメモしているところです。
このあたりは、私には出来ない、とても真面目なところ。
ただし、これを読み返しているかは分かりません。
次回の「深川三流亭」 の日程はまだ決まっていないのに、打ち上げの場所(店)はもう決めているという、終身幹事の千公さん。
ありがとうございます。

« 夢学さん「時蕎麦」 | トップページ | 流三「長短」 »

落語っ子連」カテゴリの記事