« 「高石神寄席」ふたたび | トップページ | ごひやく都々逸(2/23) »

2018年2月22日 (木)

フィギュアスケート

bud日本の女子選手2人も頑張っていますが、個人で参加しているロシアの2人は別次元のようです。
SPトップのザギトワ選手15歳、2位メドベージェワ選手18歳。
フィギュアスケート
日本の2選手も十代ですが、それよりも若い。
技術もビジュアルも、とても十代とは思えません。
一般的に、ロシア系の女性は、若い頃は本当にみんな美人です。
その後、全体的に膨らむ傾向にありますが、若い頃は美しい。
ところで、「メドベージェワ」と聞いた時に「メドべーシェフ」というロシアの首相がいたのを思い出しました。
私はロシア語は全く分かりませんが、もしかすると、同じ意味の「女名前」と「男名前」ではないかと、誰でも思いますよね。
ロシア系の人には、例えば、男性では「○○コフ」「○○ホフ」、女性では「○○コワ」「○○ノワ」というような名前が多い気がします。
何となく、「フ」で終わるのが男性で、「ワ」で終わるのが女性という解釈で正しいのでしょうか?
日本で言えば、「よしお」「よしこ」みたいな。
調べてみると、どうも正解なようです。
ロシア人の名前(及びロシア名の影響を受けたカザフ人やタタール人やキルギス人などのアジア系民族の名前も含む)を例にあげると・・・、男性の姓で -ov, ,-ev, -in, -skij(〜オフ、〜エフ、〜イン、〜スキー)で終わる姓は、女性の姓になると、-ova, , -eva, -ina, -skaja(〜オワ、〜エワ、〜イナ、〜スカヤ)に変化するそうです。
これ以外で終わる姓(トルストイなど)もありますが、同じく女性形は形が変化するとのこと。
やはりそうなんだ。

« 「高石神寄席」ふたたび | トップページ | ごひやく都々逸(2/23) »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事