« 太田道灌と江戸 | トップページ | 予想的中 »

2018年2月10日 (土)

大手町落語会

event本当に久しぶりの「大手町落語会」でした。
 大手町落語会
ロビーで、オフィスエムズの加藤さんを見つけたので、ご挨拶しようとすると、加藤さんの方から近づいて来てくださいました。
ご挨拶して「全くお変わりなくお元気そうですね」と言うと、「相変わらず『かくばかり偽り多き世の中に・・・』ですか?」。
「はい、相変わらずです」。
とても嬉しい瞬間でした。
大手町落語会
◇「浮世床」       柳家さん光
◇「虱茶屋」       柳亭こみち
◇「藪入り」       柳家権太楼
◇「権助魚」       三遊亭兼好
◇「二番煎じ」   柳亭市馬

真打昇進したばかりのこみちさんですが、真打になって、母になって?何か風格が出て来ました。
ご愛嬌に手拭いを忘れて、袖にいた前座さんのを借りた高座だったようです。
権太楼師匠は、風邪で咳き込んでいるそうで、やや辛そうでした。
「藪入り」も、やはりいつもの権太楼節ではなかった気がします。
オチはオリジナルに変えていました。
全般的に、権太楼師匠らしからぬ、やや暗い演出でした。
兼好さんのテンポのある語りは相変わらずです。
トリの市馬さんは、「さんさ時雨」をはじめ、自慢の喉で客席を唸らせていました。
いやぁぁ、今月は、先日の「らくだ亭」も聴けたし、充実の落語ライフです。

« 太田道灌と江戸 | トップページ | 予想的中 »

寄席・落語会」カテゴリの記事