« お江戸あおば亭エントリー状況 | トップページ | 伊勢丹松戸店の閉店セール »

2018年1月15日 (月)

銀行員淘汰の時代?

bank転職活動する銀行員が急増しているそうです。
大手人材サービス会社にに転職希望者として新たに登録した銀行員数が、2017年度上期(4〜9月)に前年同期比で約3割増加し、その後も増え続ける勢いなんだそうです。
超低金利に伴う銀行の収益悪化などで、人員削減への不安が高まっていることが背景にあるとみられますが、世の中変わって来ましたね。
銀行員淘汰の時代?
大手行と信託銀行、地方銀行などからの登録者数は16年度上期に前年同期比29・9%増加、17年度上期もさらに同29%増加。
昨年秋以降、メガバンク各行が大規模な人員削減策を公表すると「将来のリストラ不安から転職希望者が殺到するようになった」。
・・・銀行は、昔から人材の無駄遣いだと言われることもありましたが、破綻でもない限りは安定していたのですが・・・。
AIやフィンテック、それからグローバル化もあり、良くも悪くも、昔のような訳には行かなくなったということですね。
しかも、バブル期に大量採用した人たちが、そろそろ"卒業"時期を迎えますから。
使い古されたベタななぞかけですが。
「噺家さん」とかけて
「銀行員」と解く
その心は「高座(口座)で苦労しています」

もうひとつ。
「寄席の代演」とかけて
「電気・ガス・水道などの公共料金」と解く
その心は「高座(口座)振替でしょう」

« お江戸あおば亭エントリー状況 | トップページ | 伊勢丹松戸店の閉店セール »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事