« 儀装馬車も復活 | トップページ | ごひやく都々逸(12/12) »

2017年12月11日 (月)

「そや寄席」のプログラム案

art2月3日の「そや寄席」のチラシとプログラムを作りました。

表紙は、豆まきの浮世絵をいれて季節感を出しました。
裏表紙は、「落語っ子連」のご挨拶と、当日の演目をお題にした「三段なぞかけ」を載せてみました。
「そや寄席」のプログラム案
ただし、オチがわからないような内容の作品にしておきました。
演目は、主催者から「節分」をテーマに依頼されましたので、節分とかかわりのありそうな演目をいくつか集めました。
番組の背景は、会場近くにある日蓮宗の名刹「中山法華経寺」の節分会の写真です。
  ◇豆屋        三流亭新参 (豆つながり)
  ◇時蕎麦       三流亭窓口 (冬の噺)
  ◇蝦蟇の油     三流亭千公 
  ◇試し酒       三流亭流三
        中入り
  ◇初天神       三流亭夢学 (ちょっと前が初天神)
  ◇桃太郎       三流亭百梅 (鬼つながり)
  ◇鬼の涙       三流亭越児 (節分の日の鬼の噺)
私と千公さんは、とりあえず節分には関係ありませんが、お許しいただきましょう。

« 儀装馬車も復活 | トップページ | ごひやく都々逸(12/12) »

落語っ子連」カテゴリの記事