« 素人の落語会 | トップページ | とても勉強になる »

2017年12月14日 (木)

12月14日

snow時は元禄15年極月の14日・・・・。
やはり、日本人は「忠臣蔵」なんですかね。
正確に言えば、「赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件」。
意外に全体を知らない人もいるんですよね。
12月14日
この事件は元禄14年3月14日 (旧暦) (1701年4月21日)、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、江戸城松之大廊下で、吉良上野介吉央(きらこうずけのすけよしひさ)に斬りかかった事に端を発する。
斬りかかった理由は、何らかの「遺恨」が原因との事だが詳細は不明である。
事件当時、江戸城では、幕府が朝廷の使者を接待している真っ最中だったので、場所がらもわきまえずに刃傷に及んだ浅野に対し、第五代将軍徳川綱吉は激怒。
幕府は浅野内匠頭に即日切腹を言いつけ、浅野が藩主を務める播州赤穂浅野家は改易、赤穂城も幕府に明け渡すよう命じた。
それに対し吉良には咎めはなかった。
当時の「喧嘩両成敗」の原則に従えば、吉良にも何らか刑が下されるはずだが、吉良が斬りつけられた際に抜刀しなかったため、この事件は「喧嘩」として扱われず、吉良には咎めがなかったのである。
しかし、浅野のみ刑に処せられた事に浅野家家臣達は反発。
筆頭家老である大石内蔵助(おおいしくらのすけ)を中心に対応を協議した。
反発の意思を見せるため、籠城や切腹も検討されたが、まずは幕府の申しつけに従い、素直に赤穂城を明け渡す事にした。
この段階では浅野内匠頭の弟である浅野大学を中心とした浅野家再興の道も残されており、籠城は得策でないと判断されたのである。
一方、同じ赤穂藩でも江戸に詰めている家臣には強硬派(江戸急進派)がおり、主君の敵である吉良を討ち取る事に強くこだわっていた。
彼らは吉良邸に討ち入ろうと試みたものの、吉良邸の警戒が厳しく、彼らだけでは吉良を打ち取るのは難しかった。
そこで彼らは赤穂へ行き大石内蔵助に籠城を説いたが、大石はこれに賛同せず、赤穂城は予定通り幕府に明け渡された。
吉良を打ち取ろうとする江戸急進派の動きが幕府に知られるとお家再興に支障が出てしまうので、主家再興を目標とする大石内蔵助は、江戸急進派の暴発を抑える為に彼らと二度の会議を開いている(江戸会議、山科会議)。
しかし、浅野内匠頭の弟である浅野大学の閉門が決まり、播州浅野家再興の道が事実上閉ざされると、大石内蔵助や江戸急進派をはじめとした旧浅野家家臣(以降赤穂浪士と記述)達は京都の円山で会議(円山会議)を開き、大石内蔵助は吉良邸に討ち入る事を正式に表明した。
そして、仇討ちの意思を同志に確認するため、事前に作成していた血判を同志達に返してまわり、血判の受け取りを拒否して仇討ちの意思を口にしたものだけを仇討ちのメンバーとして認めた(神文返し)。
その後、大石は宣言通り江戸に下り(大石東下り)、吉良を討ち取る為に深川で会議を開いた(深川会議)。
元禄15年12月14日 (旧暦) (1703年1月30日)、吉良邸に侵入し、吉良上野介を討ちとった(吉良邸討ち入り)。
この時討ち入りに参加した人数は大石以下47人(四十七士)である。
四十七士は吉良邸から引き揚げて、吉良の首を浅野内匠頭の墓前に供えた。
引き上げの最中には、四十七士のうち一人(寺坂吉右衛門)がどこかに消えているが、その理由は古来から謎とされている。
寺坂を除いた四十六人は、吉良邸討ち入りを幕府に報告し、幕府の指示に従って全員切腹した。

・・・という。
そして、「仮名手本忠臣蔵」は、この事件を元にして作られた歌舞伎、人形浄瑠璃の演目です。
幕府は同時代での武家社会の事件を上演することを禁じていたため、様々な名前に変えられている訳です。
同じような事件を起こされたら幕府は大変ですから、舞台や時代、登場人物を変えて上演されました。
太平記の時代を舞台とし、登場人物の名前も浅野内匠頭を塩冶判官(塩冶高貞)、吉良上野介を高師直に擬し、その発端を高師直が塩冶高貞の妻に横恋慕した事としています。
塩冶の「塩」は赤穂の特産品である「赤穂塩」、高師直の「高」は吉良上野介の役職「高家」とかけ、遠回しに当時最大の事件であった赤穂浪士の討ち入りと分かるように工夫されています。

« 素人の落語会 | トップページ | とても勉強になる »

徒然」カテゴリの記事