« 権太楼師匠の「死神」 | トップページ | 「そや寄席」のプログラム案 »

2017年12月11日 (月)

儀装馬車も復活

horseその東京駅前広場が完成したことで、皇居に向かう馬車が復活したそうです。
儀装馬車も復活
新任の外国大使が天皇陛下にあいさつする「信任状奉呈式」の馬車列が、JR東京駅の赤れんが駅舎から皇居に向かうルートで復活した。
同駅前工事が完成後、初めてお目見えした。
これまで、このルートで大使の送迎を実施していたが、工事に伴い、平成19年4月から発着地が皇居前の明治生命館になっていた。
この日は西アフリカの新任ベナン大使を乗せた漆塗りの儀装馬車が、東京駅の丸の内側 にある貴賓玄関から「行幸通り」を通過、皇居へと向かった。
信任状奉呈式の送迎は皇室用の自動車か馬車かを大使側が選び、宮内庁が用意するが、大半の大使は馬車を希望するという。
儀装馬車も復活
クラシックでまことに結構ですが、この馬車は洋式仕立てです。
やはり日本ですから、ここは平安時代のように「牛車(ぎっしゃ)」にしたら良いと思うのですが・・・。
儀装馬車も復活
どうせ、そんなに急ぐ道中でもないでしょうし、平安の装束をまとった人々で。
外国大使は大喜びすると思いますが、どうでしょう?

« 権太楼師匠の「死神」 | トップページ | 「そや寄席」のプログラム案 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事