« 金願亭乱志 | トップページ | 満員御礼 »

2017年11月25日 (土)

喰亭寝蔵師匠

bottle「お江戸あおば亭」のトリは名人寝蔵師匠の「御神酒徳利」。
私も含めて、出演者の熱演が続き、かなり時間は押していますが、たっぷりやっていただきました。
喰亭寝蔵師匠
そもそもこの噺は、大きく4つの場面があり、非常に長いのですが、非常に上手くまとめられたのは、寝蔵師匠ならではでしょう。
喰亭寝蔵師匠
「落語が好き」「落語がやりたい」という気持ちは、恐らく志ん志師匠や笑児さんや私と同じだと思います。
喰亭寝蔵師匠
寝蔵師匠とは、幸せなことに、落語っ子連で一緒に稽古をさせていただいて、その力量と品格は、どこぞの横綱に爪の垢をどっさり飲ましてやりたいくらいです。
17時15分過ぎに、これまたオリジナルのオチで終演。
心を込めて、追い出し太鼓の合わせて「ありがとうございます」で、満員のお客さまをお見送りです。
お帰り口で、笑顔のお客さまたちから、「良かったよ、素晴らしい、さすが」と声をかけられていました。

« 金願亭乱志 | トップページ | 満員御礼 »

落研」カテゴリの記事