« 都会の貨物線の旅 | トップページ | ごひやく都々逸(11/10) »

2017年11月 9日 (木)

新語・流行語大賞候補

現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」事務局が、「2017ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート語30を選出。
12月1日に、ここから大賞とトップテンが発表されるそうです。
事務局は今年の傾向として「言葉そのものに、勢いがなく低調な年と言えるのではないか。息の長い流行語も少なく、事象をそのまま直接的にとらえる言葉も多かった」と評しているそうです。
  1 アウフヘーベン
  2 インスタ映え
  3 うつヌケ
  4 うんこ漢字ドリル
  5 炎上○○
  6 AIスピーカー
  7 9・98(10秒の壁)
  8 共謀罪
  9 GINZA SIX
 10 空前絶後の
 11 けものフレンズ
 12 35億
 13 Jアラート
 14 人生100年時代
 15 睡眠負債
 16 線上降水帯
 17 忖度
 18 ちーがーうーだーろー!
 19 刀剣乱舞
 20 働き方改革
 21 ハンドスピナー
 22 ひふみん
 23 フェイクニュース
 24 藤井フィーバー
 25 プレミアムフライデー
 26 ポスト真実
 27 魔の2回生
 28 ○○ファースト
 29 ユーチューバー
 30 ワンオペ育児

・・・確かに、碌なのがありませんね。
確か、立川志の輔さんが、何かのマクラで話題にしていました。
その年の大賞が、「奇人・変人・凡人」だったようで、これは某女性政治家が言ったものでした。
志の輔さんは、この年、それ以上にインパクトがあったのは「バイアグラ」だと主張。
・・・しかし、大賞として表彰されるのに、「バイアグラ」は誰が受賞者になるは分からない。
確かに、その通りだと思いました。
そういう点で行くと、政治家ネタは、恐らくその当事者本人は出ては来ないでしょう。
出て来るようなら大したものです。
それにしても、ボキャブラリーが貧困すぎますね。

« 都会の貨物線の旅 | トップページ | ごひやく都々逸(11/10) »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213007/66022742

この記事へのトラックバック一覧です: 新語・流行語大賞候補:

« 都会の貨物線の旅 | トップページ | ごひやく都々逸(11/10) »