« ディナー | トップページ | 気になる落語会 »

2017年11月22日 (水)

往生際

bomb大相撲は、今場所はガタガタですね。
今度は土俵での横綱。
大相撲九州場所11日目の結びの一番で、全勝の横綱白鵬が関脇嘉風に寄り切りで敗れた。
往生際
しかし、白鵬は嘉風が勝ち名乗りを受ける土俵に上がろうとせず、首をかしげたり、腰に両手をあてたりして立ち合いが成立していないと約1分間アピールした。
その後土俵に上がったが、嘉風が軍配を受けても今度は土俵を下りず、不満そうな様子を見せた。
嘉風はテレビのインタビューに対し、「横綱は『待った』と思って力を緩めたが、行司の『残った』の声が聞こえたのでそのまま続けた」と話した。
白鵬は納得のいかない表情で土俵を後にした。
山科審判長(元小結大錦)は「自分からは(横綱には)何も言ってない。『待った』と言いたいんじゃないの? 多分。でも、手をしっかり付いているからね」と話した上で、白鵬がなかなか土俵に上がらなかったことについては「お手本になる人がね」と疑問を呈した。
また、白鵬が物言いを求めるようなしぐさをしたことについて、式秀親方(元幕内北桜)は「ルールとしておかしいでしょ? 物言いは審判か控えの力士がつけるんだから。ありえないですよね。礼に始まって礼で終わらないと。そこはきちんとしないと」と苦言。
陣幕親方(元幕内富士乃真)は「ダメだよ、あんな態度は」と、ぶぜんとした表情だった。
往生際
・・・何場所か前に、日馬富士も勝手に力を抜いて負けた一番がありましたが、今回も、しっかり立ち合っているように見えます。
嘉風の判断が正しいと思います。
本人は不本意かもしれませんが、どう見ても横綱に分はないと思います。
横綱のこういう場面は見たくないですね。

« ディナー | トップページ | 気になる落語会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事