« 噺折り込み(ごひやく)都々逸 | トップページ | ごひゃく都々逸 »

2017年10月24日 (火)

赤いきつねと緑のたぬき

noodle今回の総選挙で、NHKなどは、自民党を赤色、立憲民主党を水色、希望の党を緑色で表示していました。
特に、選挙期間中、希望の党の党首のことを、マスコミや他党も「緑のたぬき」と呼んでいたそうです。
赤いきつねと緑のたぬき
それにしても「緑のたぬき」というのは傑作ですね。
    赤いきつねと緑のたぬき
その緑のおばさんたぬき、狸のくせに二兎を追ったものだから、何をやっても、何を言っても批判されるような立場になってしまったようです。
投開票の日にパリに行けば、大事な選挙の時に党首が国外逃亡したと言われ。
もし、行かなかったら、都知事の公務より党務を優先したと批判されたでしょう。
麺の上に乗っているのは「かき揚げ」ですが、今は「天カス」状態。
都知事選で颯爽と?現れて大勝し知事に就任。
問題提起などを矢継ぎ早にして、大いに民心を掌握し、都議選で連勝した時が絶頂でした。
しかし、冷静に振り返ると、問題は提起しただけで、結局結論は変わらず、ただ時間を費やしただけということが多かった・・・。
オリンピックの会場や豊洲の問題などが典型でした。
さらに、情報公開をすると言いながら、実は、取り巻きの人たちにさえ情報統制をしたり。
そもそも、都知事というのは、選挙民から4年間を託されたのですから、任期4年間はミッションに精勤する義務があります。
もし、この緑のたぬきが、例えば、社会通念上やむない理由で辞職するならともかく、国政に出るとかいう理由でなら、本当に許されないことだと思います。
やむを得ない理由と言うのは、健康上の都合、それから前知事のように都民から「退場」を宣告された時ぐらいだと思います。
都民の眼は、一層厳しくなって来ると思います。
自分のステップアップに利用することなどは、もってのほかということになるでしょう。
綺麗に人間に化けたつもりでも、大きな尻尾が出ています。
都民は、たぬきの八畳の大風呂敷にまんまと騙されたということ。
でも、冷静に考えたら、八畳敷などある訳がありませんよ。
だってこのたぬきはメスですから、八畳敷など端からありません。

« 噺折り込み(ごひやく)都々逸 | トップページ | ごひゃく都々逸 »

徒然」カテゴリの記事