« 有難亭学津(がっつ)さん | トップページ | フェースブック »

2017年9月19日 (火)

大入り袋

ribbon「牛久味わい亭」閉演後、主催者代表の私と同じ苗字のMさんから、何と「大入袋」を頂戴しました。
大入り袋
まぁ、大入りはまことに結構なことで、喜ばしいことですが、大入り袋なんて粋なことまで・・。
行き届いた対応に感服しました。
大入り袋
会場の後片付けも、皆さんがほとんどやってくださいました。
その後、牛久駅の近くの和食屋さんで打上げ。
私も参加させていただき、楽しいひとときを過ごしました。
落語会ご来場者のアンケートも、数多く回収されて、皆さまの感想を拝見させていただくことも出来ました。
「×」の評価がなかったので一安心。
スタッフの皆さまからも、「また来てください」と、過分な言葉をいただいて、帰宅の途につきました。
師匠とも話しましたが、落語を一層盛んにさせていくには、演者(噺家)のレベルアップが必要なのは当然だが、それだけでは落語は(他の芸能も同じ)隆盛しません。
これと同じレベルで不可欠なのは、聴き手のレベルアップと、良い主催者です。
「演者」「観客」「主催者」の3つが揃わなければ、落語会も続いて行きません。
この「味わい亭」は、全てのポイントを充足している素晴らしい会だと実感しました。
改めまして、梅朝さん、主催者のMさんはじめ、牛久の皆さま、本当にありがとうございました。

« 有難亭学津(がっつ)さん | トップページ | フェースブック »

落語っ子連」カテゴリの記事