« 有難亭真仮名さん | トップページ | 有難亭良慈緒(らじお)さん »

2017年9月19日 (火)

三流亭流三

flairご縁あって、初めて「牛久味わい亭」の高座に上がりました。
とにかくお客さまの数が半端ではなく、おそらく階段状ではない、平坦な会場でやれる限界と言ってもよい、約200名のお客さま。

今回、梅朝さんからお誘いをいただいた時、演目に迷いました。
とにかく、何も様子の分からない、初めての場所ですし、他の出演者とのバランスもあり。
それで、最近演ったものの中で、「不孝者」「五百羅漢」「人情八百屋」「三井の貸し傘」をピックアップ、さらに「一人酒盛」「明烏」あたりも考えました。
5月の「おひろめ寄席」で「怪談牡丹燈籠」を演って、かなり反響?があったのと、「不孝者」も「五百羅漢」も「人情八百屋」も、あまり馴染みのない噺で、梅朝さんの反応もいまいちだったので、思い切って、「牡丹燈籠」に決めました。

何度も言うように、本当に素晴らしいお客さまで、大きな会場であるにも拘らず、高座から"息"を感じることが出来ました。
取り敢えず、恒例の落語会の番組に穴が空くようなことはなかったと思います。
それにしても、この「牡丹燈籠」という噺、不思議な力を持っている気がしました。

« 有難亭真仮名さん | トップページ | 有難亭良慈緒(らじお)さん »

落語っ子連」カテゴリの記事