« 防災放送 | トップページ | 横綱のプライドと責任感 »

2017年9月24日 (日)

そんなことだってありますよ

airplaneそんなことだってありますよ。
大阪市中心部に、飛行中の航空機から部品が落下し、国道を走行中の乗用車に直撃した事故。
そんなことだってあり
車の運転手や通行人らにけが人はいなかったが、大惨事になりかねず、事故現場近辺の人らからは「まさか飛行機の部品が落ちるとは…」などと驚きの声があがっていた。
関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が離陸した直後、右主翼の付け根付近の胴体パネルの一部(縦0・6メートル、横1メートル、厚さ4ミリ)が落下。
大阪日帰りで
乗用車を直撃し、屋根や後部座席の窓ガラスが損傷。幸い、運転していた女性にけがはなかった。

そんなことだってあり
だって、町の上を飛んでいるんですから。
伊丹空港などは、もっと危険だと思います。
明日も日帰りで出張しますが、新幹線で新大阪駅に着く時、真上を伊丹空港に着陸しようとする飛行機が横切ります。
機影もかなり大きく見えますから、高度も低く。
落ちそうな部品には、全部パラシュートをつけないと危ない?
だから、隣の国のロケットマン若旦那が打ち上げているミサイルも、日本の上空で・・・だって、十分あり得るんですよね。

« 防災放送 | トップページ | 横綱のプライドと責任感 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事