« 鹿の狼藉 | トップページ | 日本地図 »

2017年9月15日 (金)

さらに異常事態

大相撲秋場所。
こちらにも台風、ハリケーンが吹き荒れているようです。

場所前に、4人横綱のうち3人が休場と判明。

ところが、場所が始まると一番強い大関が怪我で休場。

頼りにしている1人だけの横綱は3連敗・・・。

そこへさらに、カド番とは言え、大関が・・。

大関照ノ富士が左膝の負傷により休場。

3横綱2大関が休むのは1918(大正7)年夏場所以来99年ぶりの異常事態。

照ノ富士関は今場所を5度目のカド番で迎え、5日目まで1勝4敗。

師匠の伊勢ケ浜親方は再出場の可能性を「無理じゃないか」と。

14場所在位した大関からの転落が決定的となりました。

大関に昇進した時は、本当に強かったのですが、好事魔多しの怪我で低迷が続いていました。

それにしても、この惨状は・・・。

代わって、若手の「阿武咲」あたりが頑張っています。

これで「おおのしょう」と読むそうです。

「阿武」の読みは、「阿武松(おおのまつ)」という落語もありますから知っていましたが。

誰が優勝するでしょう・・・。
なぞかけやっちゃいました。
「大相撲名古屋場所」とかけて
「若旦那が贅沢し、国民は災害や食糧不足で貧しい隣の国」と解く
その心は「休場(窮状)を誰が救ってくれるでしょう」

« 鹿の狼藉 | トップページ | 日本地図 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事