« 千早亭軽太さん | トップページ | 楽屋で師匠と »

2017年9月30日 (土)

三遊亭圓窓師匠

drama師匠のお楽しみは「権助魚」でした。
三遊亭圓窓師匠
マクラで、色々なお話をされましたが、ここでも嬉しい言葉をいただきました。
まずは、早千さんの「セロ弾きのゴーシュ」のこと。
ご自身が宮沢賢治の作品を翻案して作ったものの、音楽の部分など、自分ではなかなかやれなかった(これは謙遜だと思いますが)。
それを、早千さんが素晴らしい噺にしてくれた。
そして、「おせつ徳三郎」は、上(花見小僧)・下(刀屋)に分けて演じられる噺で、上は滑稽噺仕立て、下は純愛物語(人情噺)になっている。
プロでもあまりやらない、噺がしっかりしていなくては出来ない噺を、永久がしっかりやってくれた。
・・・本来ならば、狂喜乱舞するところなのでしょうが、実は、この前に楽屋で、師匠からご指導をいただいていたので・・・。
何度読み稽古(演読)を聴いていただいたでしょう・・・。
三流亭と千早亭の稽古だけではなく、天祖亭への交流稽古でも聴いていただきましたから。
「権助魚」も、師匠の工夫がふんだんに出ていて、とても楽しい噺になっていました。
今回は、会場が大入りだったため、師匠も全部の噺が聴けなかったこともあって、噺が終わってからの講評はなく、そのままお開きになりました。
のべ178名ものご来場者にもご満足いただけたものと思います。

« 千早亭軽太さん | トップページ | 楽屋で師匠と »

千早亭」カテゴリの記事