« 間違えた・・(;_;)/~~~ | トップページ | イメージチェンジ »

2017年8月19日 (土)

悩ましい・・・

お盆が終わりました。
私もそうですが、お盆グッズも、多くが"本物"を使わなくなりました。
花、花立、蝋燭、野菜の馬、お供え・・・。
勿論、本物が使える方が良いのでしょうが、色々事情もあって、割り切る部分もあります。
こんな記事を見つけました。
山梨県笛吹市で行われた「甲斐いちのみや大文字焼き」で、火ではなくLED照明で「大」の文字を点灯させたことがネットで話題になっている。
時代の流れだと受け入れる声や批判的な指摘など、様々な意見が上がっている。
「甲斐いちのみや大文字焼き」は、江戸時代に行われていた精霊を送るお盆の祭りを、約150年ぶりに復活させたものだ。
1988年から行われており、今回の2017年8月16日の開催で30回目となる。
笛吹市観光商工課の担当者によると、「大」の文字の点灯は毎年8月13日から16日まで行われている。従来、「大」の文字については、8月13日から15日まで白熱電球で点灯させ、16日のみ松明(たいまつ)を用いて火で明かりをつけていた。
しかし、松明を設置する際などに山の斜面に安定した足場を取れず危険だという意見があったことや、コストへの配慮から、2017年から全日程でLED照明で点灯させることになった。
今回、44個の大型LED照明を用いて点灯させたとのことで、2018年以降も火を用いる予定はないという。
この件に対し、2ちゃんねるでは、
「CO2も出ないし、時代にあった試みなのかも。」と、受け入れる声もある一方で、
「火じゃないじゃんw」
「誰が見にいくんだ、そんなもん」
「送り火をともす意味を履き違えてんじゃね? やめてしまえ」
と、批判的な声もあった。
背景に高齢化も。
また、「そのうち花火もLEDかな」
「もうバーチャル配信でいいじゃんw」
といった声も寄せられていた。
・・・どこまで許容できるかですね。
寄席だって、提灯は電化されています。
我々は、出囃子はCDを使います。
元々の意味、趣旨は大切にすべきでしょう。
外見さえ繕えば良いものもあるでしょう。
時代に合わせる必要もあるでしょう。
伝統か合理性か。
信心か観光か。

なぞかけやっちゃいました。
「お盆の伝統行事」とかけて
「大統領の側近が続々辞めている」と解く
その心は「そりゃぁ、大文字(大問題)でしょう。」

« 間違えた・・(;_;)/~~~ | トップページ | イメージチェンジ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事