« シャンソン落語 | トップページ | タイ記録ならず »

2017年7月19日 (水)

「元気で一、二」

tv昨日、砂川啓介さんが亡くなったというニュースで、必ず「大山のぶ代さんの夫」という"枕詞"が付いていました。
「元気で一、二」
しかし、お二人ともそれぞれ、幼い私には、物凄くインパクトのある人でした。
何と言っても、砂川さんは、初代「たいそうのおにいさん」ですよ。
「元気で一、二」っていう題なんだそうですが、「おかあさんといっしょ」の体操でした。
  元気でいちに  おはようさん
  おててをふって おはようさん
  なかよしこよし おはようさん
  げんきにあるこ おはようさん
   ・・・・・・
  おててをブラブラブラブラ・・パッ・トン
   ・・・・・・
  ヨイショコラショ おすもうヨイショ
  ちっちゃいけれど よこづなさんだ
  げんきにがんばれ フラフラするな
  うんとこどっこい おすもうヨイショ
   ・・・・・・
  ゴロゴロゴロゴロ やきいもゴロゴロ
   ・・・・・・ 
  ピョンピョンピョンピョン こうさぎピョン
  ピョンピョンピョンピョン かえるがピョン
  ピョンピョンピョンピョン こやぎがピョン
  ピョンピョンピョンピョン みんなもピョン
   ・・・・・・
  ちいちゃくちいちゃく ちいちゃくなあれ
  もっともっと ちいちゃくなあれ
  大きく大きく 大きくなあれ
  もっともっと 大きくなあれ
   ・・・・・・
  大きくなって てんまでのぼれ
  あっ! かみなりさまだ

・・こんな歌詞だった気がします。
おててをブラブラブラブラ・・・って、一生懸命やりました。
ピョンピョンのところで、大きくジャンプすると、子どもの頭のずっと上まで飛んで、幼な心に、とてもカッコよかった・・・。
かみなりさまも怖かった・・・。
そうなんですよ、憧れのおにいさんだったんです。
だから「初代たいそうのおにいさんの砂川さんが亡くなった」。
大山のぶ代さんも、ドラえもんではなくて、「三匹の子ぶた(ブーフーウー)」の「ブー」です。
(「ウー」は黒柳徹子さんでした。)

« シャンソン落語 | トップページ | タイ記録ならず »

徒然」カテゴリの記事