« 三流亭千公さん | トップページ | 三流亭越児さん »

2017年7月 1日 (土)

三流亭流三

sweat01今回も無謀で不遜なチャレンジで「五百羅漢」を再演。
三流亭流三
こんな不安で曖昧な状態で、果たして通して噺が出来るか・・本人が一番心配していました。
前半部分も、夫婦が探す場面を一つ増やしました。
迷子石を強調したかったから。
後半の五百羅漢寺の場面は、極力地語りを削り、台詞と仕草で進めました。
途中、客席からすすり泣く声が聞こえた気がしました。
迷子の女の子と畳職人の父親の台詞は、対面の時にお互いを呼び合う時だけにして、虹を作る場面は仕草で表現しました。
どのように映っているか、後で確認したいと思います。

« 三流亭千公さん | トップページ | 三流亭越児さん »

落語っ子連」カテゴリの記事