« 記録更新 | トップページ | 南部あじさいまつり »

2017年6月 8日 (木)

著作権

智に働けば角が立つ  情に棹させば流される・・
pen様々な権利の中で、知的財産(昔は無体財産と言った気がします)は、さらに日常の何気ない暮らしに溶け込んでいる音楽は、その著作権が微妙だと思います。
あまり四角四面に考えると、音楽を聴いたり、歌ったり、演奏したり出来なくなってしまう。
さりとて、まぁいいじゃないの・・と言う訳にも行きません。
勝手に流されたら困ります。
notes日本音楽著作権協会(JASRAC)が、ピアノなどの音楽教室での演奏について、来年から著作権料の徴収を始めると発表。
JASRACが管理する作品を教室で演奏した場合、受講料収入の2.5%相当額を徴収。
当面は楽器メーカーが運営する教室を対象とし、将来的には個人教室からも徴収する意向。
JASRAC会長は「クリエイターに対する敬意を持ってもらいたい」と説明。
某作曲家は「著作権の大切さを理解してほしい。訴訟は避け、話し合いで解決したい」と。
考えてみると、落語などは、まだまだ曖昧な状態だと思いますが、いずれ新作落語を演る時には、著作権料が必要になるかもしれませんね。
クラシック音楽と同様、古典落語は対象外かもしれませんが。
くすぐりやマクラだって、突き詰めれば、著作権ということになるんでしょう。
兎角に人の世は住みにくい。

« 記録更新 | トップページ | 南部あじさいまつり »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事