« 稽古は歩きながら、どこまでも  | トップページ | お礼のメール »

2017年6月12日 (月)

町村総会

house究極の民主主義だとは思いますが。
高知県の某村では、議会(定数6)を廃止し、有権者が村政を直接審議する「町村総会」の設置を検討しているそうです。
今日、6月議会が開会され、村長さんが「2年後の村議選で立候補者が足りない事態となった場合に備え、総会の調査研究を始めよと指示した」と述べ、総会の検討方針を正式に表明したそうです。
「町村総会」は地方自治法で、町村が議会の代わりに置けると定められた制度。
この村の議会では、議員のなり手不足が課題で、一昨年の村議選は無投票となり、2年後の選挙でも立候補が4人以下だと再選挙となってしまいます。
過去にも総会について検討したが、結論は出ず、今年3度目の検討を始め、12月20日までに報告をまとめる予定だそうです。
過疎化が進み、こういう町村が増えて行くような気がします。
我が故郷も、いずれは・・・と、やや心配になります。
都会の人たちには信じられないでしょうが・・・。

« 稽古は歩きながら、どこまでも  | トップページ | お礼のメール »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事