« 湯島天神 | トップページ | ぎやまん寄席 »

2017年6月29日 (木)

奇縁氷人石

eye湯島天神の境内にある「奇縁氷人石(きえんひょうじんせき)」。
奇縁氷人石
これを探すのも今日の目的の一つでした。
「五百羅漢」で触れる、湯島天神の「迷子標石」です。
この石柱の右側には「たつぬるかた」、左側には「をしふるかた」と記されています。
奇縁氷人石
これは迷子がでたとき、子の名を書いた紙を右側に貼って探し、迷子がいた時、その子の特徴を書いた紙貼って知らせた「迷子しらせ石標」の名残りです。
このことからも、境内が人で賑わい、江戸有数の盛り場であったことがわかります。
奇縁氷人石
迷子を預かった、子どものいない八百屋夫婦が、親を探すために迷子石の「をしふるかた」に、子どもの特徴を書いた紙を貼ったんです。
なるほど、こういうものなのか。
本物を見ると、臨場感を伝え易くなります。
「深川三流亭」の前に来てよかった。

« 湯島天神 | トップページ | ぎやまん寄席 »

徒然」カテゴリの記事