« 梅雨入り | トップページ | 母から »

2017年6月 7日 (水)

アナザーストーリーズ

tv来週、NHKの「アナザーストーリーズ」は、古今亭志ん朝師匠だそうです。
アナザーストーリーズ
伝説的な落語家・古今亭志ん朝。
シャイな人柄で取材を受けることを好まなかった。
だがその登場が落語の危機を救った。
1961年暮れ、古今亭志ん生倒れる!
居眠りをしても客が喜んだ男が病に倒れた時、落語は衰退の危機を迎えた。
娯楽が多様化し、演芸場は閉鎖。
それを救った天才が古今亭志ん朝。
圧倒的な話芸は今なお伝説。
だがその素顔は驚くほど知られていない。
とびきりシャイで、取材を好まなかったためだ。
今回、ライバル立川談志をはじめ、関係者の証言で知られざるエピソードを発掘。
落語家たちが“あの”語り口で振り返る、笑撃の真実!
志ん朝の真打昇進披露公演のときの貴重な写真。その場に居合わせたファンが撮影したもの。番組では当時の演目の音源も入手した!
立川談志。
若手時代、入門したての志ん朝を後輩としてかわいがっていた。
しかし、昭和36年、談志よりも早く志ん朝が真打に昇進することを聞いた談志は…。
林家正蔵は、志ん朝との特別な思い出を持つ。
芸について語ることを良しとしなかったはずの志ん朝。
しかし、こぶ平時代、北海道に呼び寄せられた正蔵は、志ん朝の意外な一面を知る。

アナザーストーリーズ
・・だそうです。
かなり知ってる内容みたい。
本でも読んだことがありますよ。

« 梅雨入り | トップページ | 母から »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事