« 高座 | トップページ | 緊張のほぐし方 »

2017年6月30日 (金)

茅の輪くぐり

一年の半分が過ぎようとしています。
湯島天神でも見た「茅の輪くぐり」。
茅の輪くぐり
元々は、茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたもの。
正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。
今では、多くの神社では「芦」を使っているようです。
時期的には、6月末から7月中と、年末に行われるのが通例です。
6月の大祓のことを、「夏越の祓(なごしのはらえ)」、12月の大祓のことを、「年越の祓(としこしのはらえ)」と呼んでいます。
通常、「茅の輪くぐり」は、「夏越の祓」に行われる行事だそうです。
茅の輪くぐり
どうして大祓の時に茅の輪をくぐるのか、その由来は、奈良時代に編集された「備後の国風土記(びんごのくにふどき)」によると。
日本神話の中で、ヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が、南海の神の娘と結婚するために、南海で旅をしている途中、蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求めたところ、弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました。
その数年後、再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられました。そして疫病が流行したときに巨旦将来の家族は病に倒れましたが、蘇民将来とその家族は茅の輪で助かったというのです。
この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました。

茅の輪も当初は伝説のとおり小さなものを腰に付けるというものでしたが、次第に大きくなり、江戸時代初期には、大きな茅の輪をくぐって罪や災いと取り除くという神事になったというのが由来です。
茅の輪くぐりは、正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります。
特にこの梅雨の時期から夏にかけては、天然痘などの疫病がはやることが多かったようです。
そういった疫病除けに茅の輪が有効と考えられていたようです。

« 高座 | トップページ | 緊張のほぐし方 »

季節・散歩」カテゴリの記事