« 話の肖像画(2) | トップページ | 話の肖像画(3) »

2017年6月15日 (木)

「あり君」のお母さんから

sun先日の「南行徳寄席」で、高座返しを務めてくれた、夢学さんの元教え子の「あり君」のお母さんから、夢学さんにお礼のメールをいただいたそうです。
夢学さんが用意してくださった、先祖伝来の?着物と袴姿で、元気よくやってくれたんです。
開演前に、私から、簡単に高座返しのやりかたを伝授。
そのとおり、座布団の縫い目を客席に向けないようにと、慎重に。
お母さんが、中入り後、座布団に皺が寄っていたり、置く場所が後ろだったり、ちょっと曲がっていたりした・・なんて仰っていますが、どうしてどうして。
とにかく、とても楽しそうにやってくれたのが何よりでした。
楽屋に差し入れていただいたどら焼きも、普段餡は食べないのに「おいしい」と食べていたそうです。
良かった良かった。
落語会というのは、高座に上がるのは一人ずつですが、チームワークが良くないと、会全体に影響するものです。
公民館長さんにも喜んでいただいた、素晴らしい落語会の一員だったということです。
何でも、7月1日の「深川三流亭」にも来てくれるそうですから、またお願いしようかと・・・。

« 話の肖像画(2) | トップページ | 話の肖像画(3) »

落語っ子連」カテゴリの記事