« 開演のご挨拶 | トップページ | 「おひろめ寄席」第二部 »

2017年5月13日 (土)

「おひろめ寄席」第一部

event第二回目の今回は、各連ごとにテーマを掲げて語りました。
プログラム
「大塚亭」のテーマは「江戸の商い」ということで、商売・物売りの噺です。
★大塚亭香江戸さん「南瓜屋」 
  ~丁寧な語りぶりで開口一番の重責を見事に

☆大塚亭若女さん「壷算」 
  ~ご夫婦で大塚亭でご活躍、ご主人は本会の実行委員長

★大塚亭都々人さん「たがや」 
  ~明るくリズミカルで説得力のある語りが印象的

☆大塚亭程酔さん「枯木屋」 
  ~要するに千早亭ワッフルさんのこと

「天祖亭」は、「女の一生」と題して、主人公を女性にして、生まれてからの噺を6人が出囃子もなくコンパクトにまとめました。
☆天祖亭光樹井さん「寿限無」 
  ~主人公は「・・長介」ではなくお長ちゃんという女の子

☆天祖亭三味さん「初天神」
  ~毎回感じる、何か神秘的な雰囲気の女性

☆天祖亭忍緋さん「お長半七・上」
  ~要は「宮戸川」、お花でなくてお長ちゃんということ

★天祖亭媛堵さん「夢の酒」
  ~とても通る声で明るい雰囲気がします

☆天祖亭咲耶さん「親子酒」
  ~いつ聴いても、コンパクトに纏める度量には脱帽です

★天祖亭佐々んさん「片棒」
  ~難しい噺を楽しげにやって受けていました

第一部は、2つの連の10名の高座でしたが、それぞれ工夫があって面白かった。
出囃子係だったので、舞台の袖から聴かせていただきました。

« 開演のご挨拶 | トップページ | 「おひろめ寄席」第二部 »

千早亭」カテゴリの記事