« 富岡八幡宮? | トップページ | ざこば師匠と仁鶴師匠 »

2017年5月28日 (日)

落語っ子連稽古会

師匠がちょっと体調を崩されたので、今日の稽古はメンバーだけの自主稽古になりました。
昨日、師匠から電話で、「明日の稽古、頼んだよ」と。
来月10日に「南行徳寄席」、7月1日は「深川三流亭」ですから、稽古にも身が入ります。
◇目黒の秋刀魚                三流亭千公
落語っ子連稽古会
◇御神酒徳利                      三流亭越児
落語っ子連稽古会
◇夕立屋                                 三流亭百梅
落語っ子連稽古会
◇初天神        三流亭夢学
落語っ子連稽古会
◇八五郎出世                     三流亭窓口
落語っ子連稽古会
ここまでで時間が一杯となり、窓口さんの後半部分と私は、今回はカットということに。
師匠がいらっしゃらないので、比較的落語経験のある越児さんと私が、細かい部分をアドバイスしたりして。
やはり、どうしても読む・覚えるという感覚なので、最初にやるべき舞台設定が出来ていないので、上下にも違和感が出ることが多いと思われます。
聴き手の頭に鮮明な映像をイメージしてもらうためには、まず自分のイメージをしっかりさせるのと、何気ない仕草を自然に入れる工夫が必要だと思います。
舞台設定と感情移入です。
ちょっと混乱させてしまった部分もあるかもしれません。
ごめんなさい。
でも、いつか分かっていただけると思います。

« 富岡八幡宮? | トップページ | ざこば師匠と仁鶴師匠 »

落語っ子連」カテゴリの記事