« 是々非々 | トップページ | 東京落語会 »

2017年5月19日 (金)

痛快

train「真実は神のみぞ知る」で、電車での痴漢トラブルは、勿論不埒な輩もいると思いますが、申し訳ありませんが、女性側の思い込み(中には故意)も、少なからずあると思うのです。
男性が何気なく動かしたり、混雑で押された手が、女性に触れてしまうこともあります。
それを、女性が、興奮気味に、男性が痴漢であると主張し続ける。
一旦騒ぎになれば、失うものは、多くの場合、痴漢扱いされた男性の方が大きい。
本当に無実なのに、これ以上長引かせて家庭や仕事を失いたくないから、敢えて妥協した例も聞きます。
そんな女性に対し、ある男性が、「私にも家族や会社がある。貴女の一時の錯乱でそれを無にする訳にはいかない。貴女が痴漢で訴えるなら私は名誉毀損で訴えるつもりです」と言いました。
これってありですよね。

« 是々非々 | トップページ | 東京落語会 »

巷談」カテゴリの記事